生活改善で痛風を予防しよう|病気を悪化させないために

先生

苦しまない治療法

看護師

副作用がない治療法

がんの新しい治療法として免疫治療法があります。がんの治療法といえば、手術や抗がん剤治療、放射線治療と体に負担のかかる治療法ばかりですが、これに加えて体本来が持っている免疫力を高めてがん細胞を撲滅させる治療法が免疫治療です。免疫治療法は昔からありました、しかし、抗がん剤治療においてはあまり効果がありませんでした。体全体の免疫力を高めることを主目的としていたため、進行がんに対する単独の有効性はなかったのです。そのため非特異的な免疫治療法と呼ばれています。しかし、最近の免疫治療では、正常細胞に影響なく、がん細胞のみに攻撃を仕掛ける特異的な抗ガン治療が、医療の現場で取り入れられるようになってきています。

転移にも有効な治療法

免疫治療のメリットは副作用がないことです。体本来の働きを助長するような仕組みであるため、副作用など苦しい治療法ではないのです。そのため効果が出るまで続けることができますし、効果が弱い場合には強くすることも可能になります。がん細胞は小さいうちのほうが効果が出やすくなっています。すでに数センチまで拡大したがん細胞を取り除くには時間がかかります。しかし目に見えないサイズであっても効果は出やすいのです。そして転移するがんにとっても有効です。免疫は体の一部分ではなく体の全身に効果をもたらすため、転移した直後にがん細胞を攻撃することが可能になります。体中への転移を、未然に防ぐこともできる効果があるのです。

Copyright© 2016 生活改善で痛風を予防しよう|病気を悪化させないために All Rights Reserved.